医療技術は日進月歩発展しているので最新の技術で治療

口腔環境を守る

歯科医療は歴史的に大きな変動をしてきた分野として知られています。かつて歯科医師が不足していた時代における歯科医師の社会的な地位は非常に高く、独特なにおいとドリルの音が嫌われることがあっても必要な医療の場として確固たる地位がありました。素に社会的な地位と収入は通常の意思と変わらないものでした。しかし現代においては歯科医師の絶対的な人数の増加により競争が過剰になっている地域が少なくありません。そのため競争が非常に激しくなり、歯科医療の質が向上した半面、社会的地位は相対的に引き下げられる形になりました。収入面でも人気のある歯医者でなければ一般のサラリーマンとそれほど変わらないケースも出てきています。

かつて歯科医療の現場は独特な雰囲気に包まれていました。痛いというイメージが強く、好きである人は少なかったものです。しかし現代の歯科医院は可能な限りその様な要素を無くしていくことで他の歯医者との差別化をして集客に力を入れるようになってきています。その様なサービス競争により流行る歯医者とそうでない歯医者の差が明確になってきました。 今後はその様なサービス面の差と、インプラントなどの高度な歯科医療の提供などの対応の可否によって生き残りをかけた競争が行われることになるでしょう。より利用者のニーズを満たそうとする歯科医院に多くの患者が集まり、そうでない歯科医院は廃業に向かっていくという状況に向かっていくと予測されています。